ヨガに注目!

単純に「歩く」ためにも、姿勢を保つためにも、

ピンと張りのあるお肌のためにも、大切なのは「筋肉」です。

 

筋肉はいくつになっても付きます、といわれていますね。

 

いままでは「筋トレ」をしなくては、と思っていたのですが
「ヨガ」でも筋肉は付くらしいです。

 

 

 

デトックス効果もあって、よく言われる「巡り」もよくなるらしく期待が膨らみます。

このごろは疲れが溜りやすく、夏バテ気味なのもあるでしょうが、過度の運動は逆効果だなと感じています。

 

学生時代にやっていたテニスを二年ほど前からまた始めたものの、肘は痛くなる、手指がいたくなる、というありさまで、どうも昔のイメージに拘ってしまって空回りしているようです。

 

 

ヨガの効果がすごい?

 

なぜ急に「ヨガ」なのか?

 

知り合いに教えてもらった便秘に効果があるポーズ。

 

これがたいそう凄くて、効果バツグンらしいのです。

プラス呼吸法ですね。

 

以前、太極拳をすこしだけ勉強しましたが、これも大事なのは「呼吸」です。

 

これだ、と思い、現在近くのヨガ教室を検索中です。

意外にたくさんあって驚いています。

しかも「ホットヨガ」もあるし・・・・・。

さあ、どうしましょう?

 

「体験」などをしながら探していきたいと思います。

 

 

ヨガのデトックス効果

 

ヨガには内蔵を刺激する動きが多いので、便秘解消はもちろんのこと、血液のドロドロも解消することができます。

 

また、腹式呼吸が基本となるため、酸素をたっぷり体内に取り入れて、細胞の活性化、新陳代謝の促進にも繋がります。

新陳代謝が盛んになると、脂肪が燃焼されやすい、痩せやすい身体をつくることができます。

 

体内の毒素が排出されることによって、むくみが解消
され、肌荒れやくすみの解消にもなります。

 

さらに体のデトックスだけでなく、精神のデトックスもできるのです。

自律神経に働きかけて精神を安定することができます。

こうして挙げて行くだけでも、とても魅力的ですね。

 

いくつか動画も見てみましたが、家でもできるように作られてるいる動画も多くてさっそくやってみたいポーズがたくさんありました。

 

 

ヨガでインナーマッスルを鍛える

 

ヨガで筋肉をつけることもできます。

主に「インナーマッスル」といわれる筋肉を鍛えることができるようです。

 

一番改善したいのは

「ぽっこりお腹」

「足のむくみ」

「腰痛」

です。

まずはこの3点の改善を目指して教室探しからはじめましょう。




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

階段の昇り降りで下半身を鍛える
姿勢と歩き方が気になる
足のむくみの解消法
「つまずく」「転ぶ」に注意!
四十肩(五十肩)の痛みの回復過程
ふくらはぎの痛みを取る方法?
「ふくらはぎ」のむくみが改善された!!
足の裏がつる
「変形性関節症」と「関節リウマチ」
肩の「痛み」との付き合い方
肩こりの解消に、ぽっこりお腹にも、肩甲骨ストレッチ!
ぽっこりお腹対策 インナーマッスルを鍛える
ふくらはぎマッサージの効果
一日一回でいい!?腰痛予防体操!!
足の静脈瘤の原因と治し方

Menu

HOME

TOP