ふくらはぎの痛みを取る方法?

ふくらはぎの悩みから、なかなか解放されません。

お風呂でのマッサージは続けているのですが。

この間は足の甲からむくんでいてショック!

この日は確かに長時間座りっぱなしだったけれども、
仕方ない、では済まないのでは?と思います。

 

 

「弾性ストッキング」を使う

 

弾性ストッキングはいくつか持っています。

効果も体験済み。

これを使うと確かにむくみません。

まず目で見て安心しますね。
「おおっ!むくんでない!(喜)」

 

ところが・・・・です。

 

いつものようにお風呂でマッサージをします。

指で押したときに、奥のほうが痛みます。

これは、奥の筋肉が固くなっているためで、しっかりほぐし
ましょう、本にも書いてあったこと。

 

なので、しっかり押して、ほぐしています。

 

そこで考えるわけですね。

この痛みはなんだろう?と。

 

歩きすぎで、筋肉が疲れているのかも。

最近毎日1~2時間歩いているので。

 

この奥のほうのコリは、しっかり揉んであげると
だんだんなくなってゆくらしいです。

そうして健康なふくらはぎになってゆく、と。

 

目指したいのは、弾性ストッキングを使わなくても
むくまない、健康なふくらはぎ。

 

 

「座り仕事」中のエクササイズ

 

そうは言っても、仕事ではどうしても長い時間座って
います。

立ち上がったり、足首の上下運動をしたり、歩いたり
はしていますが、むくまないための手段としては、
やはり「弾性ストッキング」が一番なんです。

 

ですから、
まずは、「むくまない」ようにすることを第一に目指す
べきかな、と思っています。

 

むくみがすっきり、とか
足が細くなる、とかのサプリの宣伝を見て、試してみよう
か、と迷いつつ、自力で改善したいと今は考えています。

 

そこで、仕事中でもできるエクササイズ。

 

既に書いていますが、
座ったままできる「足首の上下運動」です。

 

椅子に背中を伸ばして座り、足の裏全体を床に
つけます。

ここから両足をつけたままで、つま先は床につけた
まま、かかとを持ち上げます。

 

このとき、膝に何か重い本を載せておく、とか、
足の間にハンカチなどを挟む方法もあります。

これは
「両足」が開いてしまうの防ぐためですから、使っても
使わなくてもいいです。

10回を1セットとして、一日に3~4セットやりましょう。

 

立ち仕事をすりときは、立ったままで同じく足首を
上下するといいようです。

 

この動きは疲れた足のストレッチの基本動作にも
繋がっていますから、普段から意識してやっていこう
と思います。

 

まとめ

 

趣味のウォーキングですが、このごろけっこう疲れ
を感じます。

 

歩く時間が長すぎるのかもしれません。

 

好きなコースがあって、そこを歩くと気分がよくなって
ストレス解消!と思っています。

 

でも、どこかで最近の「ウォーキングの効果的な方法」
を読んだ気がする・・・・・。

 

歩くのが楽しくて歩いているので、ちょっと方向が違う
ようにも思いますが、どんなものか調べてみたいと思います。

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP