足の静脈瘤の原因と治し方

足の血管が凸凹してきて気になっていませんか?

これは静脈瘤です。

主に膝から下、もしくは膝の横・内側に多くできます。

凸凹していなくても、細い血管が青くなって目立ったり
赤くなってくっきりしたり。

これも静脈瘤なのです。

 

足の静脈瘤の原因

 

一番多いのは長時間の立ち仕事です。

また、妊娠・出産がきっかけになることもあります。

女性に多く、加齢とともに増えて40歳以上では
10人にひとりにこの症状が見られると言われています。

 

特に凸凹があるとストッキングの上からも目立ちます。

これが気になってスカートを履きたくない時期がありました。

 

立ち仕事も原因のひとつですが、
ああ疲れた、と思うと、静脈瘤が目立ってきていて、
強圧ストッキングなどを利用したこともあります。

 

静脈瘤だけなら特別治療は必要ないようですが、
やはり女性としては気になります。

 

静脈瘤の治し方

 

まずは、
立ち仕事の方は出来る範囲で歩き回ったり、足踏みを
します。

 

休憩時間には足を高くして休みます。
座布団やタオルをおりたたんで高さをつくり、その上に
乗せます。

 

夜寝るときも足を高くするようにします。

 

医療用のストッキングを使って足に圧力を加え、
血液の流れをスムーズにします。

 

そのほか、
硬化療法といって、静脈に硬化剤を注射して、圧迫し、
血管を潰す方法や、

手術で静脈を抜いてしまう方法もあるようです。
(この方法は麻酔が必要な上、入院する場合も。
また、後遺症があることも)

 

特に重大な病気ではないので、気にしながらも
放置している人も多いのではないでしょうか?

 

この足の静脈瘤には、
マッサージが一番です。

お風呂でお湯につかりながら、足のふくらはぎから
太ももに向かってマッサージをします。

顔にも使える「コロコロ」が一番いいです。

適度なひっぱり感があるものが使いやすいです。

やや力をいれて、丁寧に
ふくらはぎから太ももへ、膝の内側が凸凹していたら、
その上を通って太ももまで。

膝の下あたりに静脈瘤があったら、その上を通って
これも太ももまで。

足の疲れもとれますし、静脈瘤も次第に消えてすっきり
します。

 

この方法で、いまでは足がすっきり。

スカートをはくのも大丈夫です。

 

まとめ

 

お顔のたるみアップなどの「コロコロ」タイプの
美顔ローラーというものがいろいろあります。

 

顔だけでなく、全身に使えるもの、お風呂で使える
ものはとても役立ちます。

 

特に足のマッサージには、効果的。

 

強すぎず弱すぎず、適度な力でマッサージが
できますので、静脈瘤が気になる方は試してみては
いかがでしょうか。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP