ふくらはぎを揉んで健康になる!

ふくらはぎをマッサージすると、確かに疲れた足が楽になります。

 

気のせいかもしれませんが、お風呂でマッサージしたあとは身体が温まっているように思います。

 

さらに、パーキンソン病の友人のふくらはぎを揉んであげたら、とても喜ばれました。

足の感覚が戻った気がする、というのです。

 

「ふくらはぎ」マッサージって凄いかも!!

 

 

 

長生きする「ふくらはぎ」とは?

 

なので、調べてみました。

こちらを参考にさせてもらいました。

「長生きしたけりゃ ふくらはぎをもみなさい」

鬼木豊・監修 槙孝子・著

 

ここに「長生きするふくらはぎ」が載っています。

◎ 冷えていたり熱っぽくなく、温かい。

◎ 弾力がある

◎ やわらかい

◎ 皮膚に張りがある

◎ 奥にしこりがない

◎ 指で押した時、ひどい痛みがない

◎ 指で押して離すと、すぐ元に戻る。

◎ 痛みやだるさがない

この反対が「早死するふくらはぎ」です。

 

・・・・これは、かなり「早死」かも。

奥にしこりがあります。

指で押すとすぐには戻りません。

また部分によっては押すと痛いです。

どちらかといえば冷えていて、硬いです。

まずいんじゃないでしょうか?

最近けっこうマッサージをしていますが・・・。

 

で、「ふくらはぎマッサージ」のポイントというのがありました。

 

それは、

◎ アキレス腱から膝裏に向かって揉む。

◎ 指で押しながら息を吐き、お腹をへこませる。
指の力を抜きながら息を吸います。

◎ 力をいれすぎず、さするつもりで。ちょっと痛いけれど気持ちいい、くらいの力で。

◎ 痛い、辛いと思ったらやめます。お風呂の後が効果的。

◎ 汗や尿が出やすくなるので、前後にぬるま湯か水を飲みます。

 

ということです。

 

無理をせず、気長にマッサージを続けましょう、ということですね。

 

 

ふくらはぎマッサージの効果の具体例

 

 

ふくらはぎマッサージの効果の体験談が紹介されています。

 

冷えと便秘に悩んでいた女性が、奥の筋肉のかたまりをほぐすつもりでマッサージしたら冷えと便秘が改善された。

 

お風呂上りにマッサージしていたら高かった血圧が下がった。

 

背中や腰の痛みがふくらはぎのマッサージで良くなった。

 

心筋梗塞のあとマッサージ療法を勧められ、コレステロール値が下がった。

 

など。

 

血流がよくなれば、冷えも便秘も解消、身体が温まれば免疫力もつく。

ふくらはぎをマッサージすると「血栓」ができる恐れも減少します。

すると動脈硬化が防げて、心臓病や脳梗塞が予防できます。

 

ハードなスポーツをはじめるとかえって血管が収縮して硬くなってしまう面もあるとか。

 

ほどよく身体と足首を動かし、バランスの良い食事をして、ふくらはぎをマッサージしたほうが、循環器病の予防になる、と、この本では述べられています。

 

まとめ

 

ふくらはぎのマッサージで血流を整えれば、90歳からでも「若返る」そうです。

 

また認知症の予防にもなります。

 

ざらに、肌荒れ、ひびやあかぎれといった皮膚のトラブルにも有効です。

 

マッサージでふくらはぎの温度は上がるそうですから、少しの時間でもマッサージを心がけるといいですね。

 

すぐにできるのは、

「つま先立ち」運動と階段昇り降り

 

これで「ふくらはぎ」ポンプが活性化するそうです。

 

また「水分補給」をしっかりと!

少しずつでいいので、回数を増やして水分を十分に摂りましょう。

 

・・・・追記。

この記事は2016年のものです。

今2018年。

やや心臓に不安を感じています。

足のむくみも気になっています。

自分の書いた記事を読みながら、「ふくらはぎマッサージ」ってやっぱり大事だよね、と思っています。

 

念入りにマッサージするとかなり楽になります。

「ふくらはぎ」大事にしましょうね。

 




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ヨガ体験 2回目は「デトックスヨガ」
階段の昇り降りで下半身を鍛える
「ふくらはぎ」のむくみが改善された!!
膝の加齢による痛みと対策
四十肩(五十肩)の痛みの回復過程
「変形性関節症」と「関節リウマチ」
頭皮マッサージ
足の静脈瘤の原因と治し方
ぽっこりお腹に、むくみに、やはり「筋肉」
肩こりの解消に、ぽっこりお腹にも、肩甲骨ストレッチ!
肩の「痛み」との付き合い方
ふくらはぎの痛みを取る方法?
ぽっこりお腹対策 インナーマッスルを鍛える
ヨガに注目!
「つまずく」「転ぶ」に注意!

Menu

HOME

TOP