老化防止について~「加齢」と「老化」の違い

「加齢」は年月を重ねること、つまりはみんなに平等な「年齢」ということです。

これは誰でも差がなく、同じ誕生日なら同じように年齢を重ねていくのです。

が「老化」は人によって度合いが違います。

ここがポイントですね。

「アンチエイジング」とは「年齢」への抵抗ではなく、「老化」を遅くする試みなのです。

 

 

 

「老化」の要因

 

 

では、人によって個人差が出る「老化」とはどういうことを指すのでしょうか?

それは「酸化」と「糖化」です。

 

「酸化」とは、体が錆びること。

すなわち、「活性酵素」が原因となって、動脈硬化や、肌のシミ、シワ、たるみなどを引き起こします。

 

「糖化」とは、タンパク質が体内で糖と結びついて老化物質「AGEs」を作り、蓄積されること。

結果、肌の黄ばみを起こしたり、髪のツヤやコシをなくしたり、糖尿病、認知症、などにつながります。

 

この「酸化」と「糖化」を防ぐことで「老化」をゆるやかにできるのです。

 

 

「酸化」には「抗酸化作用」のあるものを!

 

 

体内の「活性酸素」は本来は侵入してきた細菌の排除などに必要なものです。

しかし、これが過剰に作られると体内の細胞を酸化させてしまいます。

昔、学校で学んだと思いますが、「鉄」が酸化するとサビます。

同様に、細胞もサビてしまうのです。

ですから「抗酸化作用」のある食品やサプリメントを摂って活性酸素を増やさないようにします。

「抗酸化サプリメント」については、過剰な摂取は危険であるという報告がなされて、一時大きくとりあげられていましたが、そこまで危険ではない、というのが、現在の認識です。

 

ただし「抗酸化」といっても、

ビタミンC、E、A、など、

ベータカロチンなどのカロテノイド、

リコピン、ルテイン、アスタキサンチンなど、

といったように様々なグループがあります。

 

日本では「セサミン」や「ブルーベリー」が人気でよく売れているようです。

 

目、特に白内障の予防としては
「ルテイン、アスタキチンサン」が有効です。

どんな部分に悩んでいるのか、によって(肌とか目とか)
摂取するべきものも変わってきますから、自分に必要なものを選びましょう。

 

ビタミンを摂る場合は、CだけとかEだけとかではなく、ミネラルプラスマルチビタミンのように、総合的に摂取するほうが効果的です。

特にミネラルは不足しがちですから、ビタミンと共に摂取しましょう。

 

また、
ピクノジェノール」という天然成分のサプリがあります。

知っている人は知っているサプリです。

非常に強力な「抗酸化」作用がある、フランスの松の樹皮から抽出されるエキスです。

必要に応じて選択しましょう。

 

 

「糖化」に対して「抗糖化」作用のある食品とは

 

 

よく参考にされるのが、インドの国立栄養研究所の測定結果です。

それによると、「抗糖化」食品はつぎのようなものです。

● 生姜
● キャベツ
● レタス
● リンゴ
● シナモン
● ブルーベリー
● 柑橘類全般(レモン、グレープフルーツなど)
● 食物繊維を含むもの全般

 

 

「生姜」が良いというのはよく聞きます。

主に身体を温めてくれるもの、というイメージですが、「抗糖化」作用まである、となると更に注目です。

 

「糖化」つまりは「血糖値」を上げないようにするためには、上記の食品を摂るだけでなく、普段の食生活の改善も必要です。

 

甘いものを控える
精製された白いもの、白砂糖、小麦粉、白米を控える

 

さらに、適度な運動も大切です。

食事のときは、野菜など食物繊維を含むものを先に、炭水化物はあとから食べるようにします。

こうすることで、あとから入ってくる糖質の吸収を穏やかにしたり、排出を促したりしてくれます。

 

まとめ

 

サプリメントは多種多様。

多くのものがありますから、何をしたいのかを明確にして選びましょう。

普段の食事からは得られないものを補助的に摂取するためにはサプリメントは役に立ちます。

 

バランスよく、必要なものをチョイスできるようにある程度の知識は必要です。

 

また実際に効果が感じられるかどうか、個人差がありますので、自分にあったものに出会えるといいですね。




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP