集中力の減退と年齢

最近特に感じるのが「集中力」の減退です。

これは、特に読書において。

まず本の選択で、文字が比較的に大きいもの、またさほど
長編でないものを選ぶ傾向が強くなってきました。

さらに1時間くらいが限界?

本にもよりますが、よほど夢中になれない限りは30分から
1時間くらいでギブアップです。

 

 

集中力は年齢とは関係ない?

 

年齢のせいかと思っていたのですが、そうでもない
らしいですね。

 

集中力は「脳」の働きと関連していて、脳全体に栄養
と酸素供給が出来ていないと血流が悪くなって、集中力
も低下するそうです。

 

体力不足、身体機能の低下、疲れやストレスが重なって
さらに血流が悪くなるようです。

 

しかし、それを年齢のせいだから仕方がない、と思っては
いけないのです。

 

脳は年齢と共に衰えるのではなく、五感を使ってバランス
のとれた刺激を与えれば80歳でも90歳でも活性化する
らしいです。

 

 

集中力にはスタミナが必要、低「GI」食品を!

 

つまりは、栄養と運動です。

エネルギー源としては、タンパク質、脂肪、糖質
ですね。

脳にとっては「ブドウ糖」が大きなエネルギー源です。

 

炭水化物はエネルギーのもと。

よく知られたことではありますが、糖質は摂りすぎると
動脈硬化の原因になりますし、肥満や糖尿病の原因にも
なります。

 

そこで大事なのは「GI」
つまり「グリセミック・インデックス」です。

 

これは、食後血糖値の上昇度を表す数値です。

数値が高いほど血糖値が上昇します。

 

従って、「GI」が低いものを選ぶことが大切です。

 

具体的には、

うどんより「そば」

白米より「玄米」

食パンより「ライ麦パン」

白砂糖より黒砂糖。

糖分はバナナやはちみつから摂るほうがいいのです。

 

パンのGI値は70、米は55~58、パスタは32~43
となっているので、パンよりはパスタがいいですね。

 

 

ビタミンB群も必要

 

糖質や脂質からエネルギーを取り出すには、
ビタミンB群が必要になります。

 

ビタミンB1はウナギ、大豆、豆腐、などから、
ビタミンB2は、ホウレンソウ、牛乳、チーズなど
から摂れます・

 

ビタミンCはストレスに対抗するために、カルシウム
は神経伝達をスムーズにするために必要です。

 

こうしてみると、いわゆる「生活習慣病」を防ぐ食品
とほとんど同じですね。

 

炭水化物なら「玄米」か「パスタ」

バナナ、はちみつ。

大豆食品。

カルシウム、ビタミンC.

 

食生活が非常に大きなウェートを占めることが分かります。

 

健康のために、「脳」のためにも、食品選びは大事ですね。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP