加齢による滑舌の衰えを改善する方法

以前に「滑舌の悪さ」を感じるようになった、という
話をしました。

仕事柄、人と話をすることが多いので、滑舌の悪さを感じる
と、かなりのストレスになり、焦るとかえって口が回らなく
なる悪循環に陥っていました。

 

 

効果がある改善方法とは?

 

 

たちえば、ネットでは

腹式呼吸」がいい、と言われています。

これは滑舌のためではなく、どちらかといえばダイエット
のために実行していますが、滑舌に効果があるとは思えま
せんでした。

また、原因が

脳血管障害や、
歯が抜ける、

といった明らかなものではないので、舌や口の廻りの
筋力の低下だろうと考えました。

 

 

滑舌トレーニング・早口ことば

 

 

結局、早口ことばが一番効果がある気がします。

「生麦。生駒、生卵」とか

「赤巻紙 青巻紙 黄巻紙」とか。

 

「早く」というよりも「はっきりと」を意識して繰り返す
のが良いと思います。

 

相手にちゃんと伝わることが一番大切です。

 

 

聞き返されるかなしさ

 

こちらが言っていることを聞き返されたことが何度か
あります。

これは悲しくて情けないものですね。

 

電話ですと、こちらも意識してまずは「伝わる」ように
話すので、なんとかなるのですが、対面ですと、逆に
焦ってしまって早口になって伝わらないことになります。

 

この「焦り」は今まで感じなかったことです。

 

「滑舌が悪くなった」という意識が「焦り」を生み、
その自信のなさが表れて、余計に話ができなくなる
のです。

ですから、「早口ことば」を繰り返すことで自信を
持つことが大事なのです。

 

 

「加齢」を意識するのは自信のなさの表れ

 

滑舌ばかりではありません。

 

お肌の「たるみ」だったり、「シミ・シワ」だったり。

足元の覚束なさや、物忘れ。

 

そういうものを意識するようになり、これは「加齢」が
原因だろうか、と思う。

 

その根底にあるのは「怖さ」です。

 

「老いる」ことへの怖さ。

 

自分が変わってゆくことへの怖さ。

 

これまで何の疑問もなくできていたことができなくなり、
忘れるようになり、鏡を見ればやはり年齢を思わざる
を得ない自分を知るのです。

 

自信がなくなり、これからの日々が不安になります。

 

そういう思いを抱えながら、それでも落ち込むのは嫌。

 

誰もが通る道なのだから、と自分を励まし、「加齢」
によって得られるものを探そうとします。

 

・・・・でも。この先には「諦め」しかないのでは
ないか、ともちょっと思うのです。

 

こうありたい、という自分を、ちょっとずつ諦めてゆく
のだろうか、という不安。

 

 

まとめ

 

美魔女になりたいとか、若作りしたいとか、
そういうことではないのです。

 

その年齢なりの魅力があればいいと思います。

 

「加齢」など思わずに、好きなことをして、趣味を
広げ、もっと学んで知識を得て、頑張っていこう!
と思えばいいのかもしれません。

 

でも事実として、肉体は衰え、無理がきかなくなり、
疲れやすくなって、今までと同じではないのです。

 

よく言われているように、筋肉にしても何にしても、
坂道を転がるように衰えてゆくのだから、せめて
「現状維持」を目指しましょう!

ということになるのでしょうね。

 

肉体は老いてゆくとしても、その怖さはあるとしても、
気持ちだけは自分で持ちようが決められる。

と思うしかありません!!

 

きっと明日は明日の風が吹くのですから。

その風に吹かれて、やっていきましょう。

 

こちらも参考までに。

滑舌が悪くなるのは加齢のため?

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP