「人生100年時代」の働き方

YAHOOの記事で、

60歳で転職?人生100歳時代 働き方の新常識

 

というものがありました。

いまや「共働き」は当たり前、これからは約50年は
働く時代になる。

そうして、経験のない分野でも働けるような「学ぶ」
姿勢と柔軟な思考が必要となる、という内容です。

つまり60歳からの「転職」を視野にいれよう、ということ
ですね。

 

 

70歳までは働く!?

 

 

別の記事で読んだのですが、「ポーラレデイ」は90歳
の現役が300人もいるそうです。

セールスレディ長命の理由

 

素晴らしいですね。

人に必要とされる、目標を持つ、しかも徒歩や自転車で
動いている。

まさに長寿の見本です。

しかも美容部員ですよ。

美しいのだろうなあ、と思います。

このような働き方ができるのは、ひとつの理想では
ないでしょうか?

「転職」ではなく、この仕事一筋ですから。

 

普通はフルタイムの仕事からパートになったり、
定年後の仕事を探したり。

次ぎの仕事探しに、けっこう苦労します。

それでも仕事を持っているということは、自分を
甘やかさない生活ができるということでもあって、
大事なことだなあと思いますね。

 

人生100年となると、65歳で定年として、まだ35年も
あるわけです。

この時間をどう過ごすか、

しっかり考えないといけませんね。

 

 

貯蓄や年金ばかりでなく

 

大事なのは入ってくる収入作り。

ただ取り崩してゆく生活では、予想外のことがあったら
「老後破産」になりかねない。

 

まあ、我が家の場合は、そもそもそんな貯蓄がない、
という現実がありますから、元気なうちは働くつもり
ですが。

 

働くということは、規則正しい生活を送るという意味でも、
また、身だしなみに気を配る、という意味でも大事な
ことだと思います。

 

緊張感のある生活が、本来は怠け者の自分をずいぶん
律してくれていると思っています。

 

 

働く仲間と環境

 

 

私の周りでは、元気に働いている人がたくさんいます。

同年齢の人も年長の人も。

70歳を超えて頑張っている方は、やはり素敵です。

そんな人がいる、また仕事ができる環境がある、という
のも大事なことです。

 

家族が健康でないと、仕事を続けること自体が難しく
なります。

 

結局「人生100年」といっても、健康で元気でなければ。

そこに行き着くわけです。

 

いつ何があるか分からないのは若い時も同じはず
なのですが、この年齢になると、その危うさが
いっそう感じられます。

だからこそ、いろいろと食事や運動に気を配ること
になるのですね。

 

まあ、”明日は明日の風が吹く”ですから。

せいいっぱいやっていくしかありません。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP