姿勢と歩き方が気になる

この頃、女性の姿勢と歩き方が気になります。

 

年配の女性につい目がいってしまうのですが、背中が丸くなっていたり、歩き方ががに股だったり。

 

この「がに股」というのは足の筋肉が落ちるためで多くの高齢の女性に見られます。

 

姿勢を保つためには、背筋・腹筋、足を美しく保つには足の筋肉が必要です。

 

 

 

筋トレの大切さ

 

何もしないでいると筋肉はどんどん落ちてゆく、というのはよく聞く話です。

20歳を超えると毎年1%ずつ筋肉は落ちてゆくと言われています。

しかし、筋肉は鍛えればいくつになっても増やせるのです。

 

諦めずに「今日から」筋トレを始めましょう。

 

と言っても、なかなかできないのが実情。

 

でも、スクワットと腹筋、少なくともこの二つは心がけておきたいものです。

 

 

自宅でできる筋トレ

 

無理に毎日しなくても大丈夫です。

週に3回くらいが理想ですが、少なくとも週に1回は続けていきたいものです。

「継続」が一番大切ですから。

 

まずは「スクワット

いくつか方法はありますが、初めてスクワットをすると言う場合、椅子を使ったスクワットがわかりやすいと思います。

座るときには息を吐きながら、断つときには息を吸いながら。

この呼吸法が大切です。

 

慣れてきたら、「椅子があるつもり」のスクワットを。

ポイントは膝を足先より前に出さないこと。

背中を丸めずに伸ばすようにすることです。

 

10回を3セット、と言われますが、無理のない範囲で継続しましょう。

 

 

「老けない」方法

このブログの、ここでも触れています。

 

膝をいためないように注意は必要ですがぜひ続けたいトレーニングです。

 

腹筋も椅子に座ってできるトレーニングが簡単で効果的です。

 

 

筋トレは「続ける」こと

 

筋トレはとにかく続けること。

 

椅子を使ったトレーニングは家庭でできますし、オフィスでもできます。

将来の美しい姿勢と歩き方のために、今から始めておきたいですね。

 

筋トレは遅すぎることはありません。

やればやるだけ筋肉がつきますから、諦めずに続けましょう。

 

・・・・・といつも自分に言い聞かせています。

 




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す




関連記事

足のむくみが気になる
肩の「痛み」との付き合い方
一日一回でいい!?腰痛予防体操!!
階段の昇り降りで下半身を鍛える
足の静脈瘤の原因と治し方
「変形性関節症」と「関節リウマチ」
「ふくらはぎ」のむくみが改善された!!
足のむくみの解消法
ぽっこりお腹に、むくみに、やはり「筋肉」
親指を刺激すると脳が若返るらしい。
初めての「ヨガ教室」体験
膝の加齢による痛みと対策
ふくらはぎの痛みを取る方法?
肩こりの解消に、ぽっこりお腹にも、肩甲骨ストレッチ!
ふくらはぎを揉んで健康になる!

Menu

HOME

TOP