親指を刺激すると脳が若返るらしい。

この本が今、評判らしいです。

 

なのでさっそく読んでみました。

たしかに「指」を使うと脳に良いと昔から言われて
いますね。

「親指」を刺激すると脳が活発になることが
分かってきたそうです。

 

「親指刺激法」の効果

 

 

次のような効果があるそうです。

① 認知症の予防
② 健康寿命が長くなる
③ 気力が湧く
④ イライラが減る
⑤ 記憶力アップ
⑥ 安眠
⑦ 冷え性の改善
⑧ 運動機能が上がる
⑨ 血圧の安定

 

そもそも、
「親指」があるから、
衣類の着脱、洗面の動作、トイレ、そうじ、せんたく、
運転、本のページをめくる、
といった日常の動作がスムーズにできるのです。

指を動かすことは
すなわち、「意欲」の表れ、とこの著者は言っています。

 

具体的な「親指刺激法」は次のとおりです。

 

両手を同時に動かす基本の刺激法

 

① 親指の第一関節だけを曲げ伸ばしする。

前へならえ、のポーズで伸ばした手を「グー」の形に
して、親指だけを立てて伸ばします。

この親指の第一関節を両手同時に曲げ伸ばしします。

10回繰り返します。

 

② 手のひらを上に向けて親指で小指の付け根にタッチする

両手同時に10回繰り返します。

このとき、親指が動くことで手首が刺激されることを
感じるようにします。

 

③ 指のタッピング

親指と人差し指、
親指と中指、
親指と薬指、
親指と小指

それぞれを順番にタッチしていきます。

これを5往復繰り返します。

 

 

左右別々に動かす刺激法

 

① グーパー刺激法

右手でグー、左手でパーを出します。

次に反対に右手でパー、左手でグーを出します。

これを20セットします。

 

② イチ、ニ、刺激法

両手パーからスタートします。

「イチ」でグーにしますが、このとき片方は親指を出し、
片方は親指をグーの中に入れます。

「ニ」で両手パー。

「イチ」で今度はグーにしますが、親指を出す手と
入れる手を反対にします。

ここまでが1セット。

これを10セットします。

 

左右別々の動きは、初めはゆっくりやってみましょう。

 

③ ピンピン刺激法

 

両手グーから、

右手は親指を立て、左手は小指を立てます。

両手グーに戻し、

次は反対に右手は小指を立て、左手は親指を立てます。

これを10セット。

 

 

揉む、押す刺激法

 

① 親指の爪の左右(両脇)を左手の親指と人差し指
で揉みます。

左右20回づつ。

 

② 親指で「労宮(ろうきゅう)」を押す。

「労宮」というのは手のひらの真ん中のツボです。

5秒ずつ5回 左右とも押します。

 

③ 「合谷(ごうこく)」をグリグリする。

「合谷」というのは、
親指と人差し指の骨の結合点から少し人差し指の
方に移動したところにあるツボです。

ここを親指でグリグリします。

 

わかりにくいところは、

上記の本を参考にしてみてください。

左右別々の動きをするのが、けっこう難しいです。

 

脳の活性化。

少しずつチャレンジしていきましょう!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP