ヘルパーさんたちの食事会!

某月某日。

同じ会社に所属するヘルパーさんの慰労会兼食事会が、とあるホテルでありました。

普段ヘルパー同士はなかなか会う機会がありません。

直接お宅にうかがうので。

正直、もっと地味な方たちかと思っていました。

確かに年齢は重ねていらっしゃいますが、みなさん、仕事に誇りをお持ちで、生き生きしていらっしゃいました。

 

 

生きがいと収入

 

 

社長も言っていましたが、訪問する方もされる方も、相手との会話を楽しみ、ある意味そんな時間を生きがいにもしている、と。

一人暮らしの方が多く、会話の相手も限られていますから、利用者さんにとっても、ヘルパーさんにとっても、貴重な時間です。

 

会話することで認知症の予防にもなりますし、決まった時間に決まった用事があることが、日常に適度な区切りを付けます。

これが大事。

 

さらにヘルパーさんの場合、健康であれば、特に定年がなく働くことができます。

これはつまり、ある程度の収入がある、ということで、年金や貯蓄だけが頼り、というのとは違います。

この自信が、ヘルパーさんたちを生き生きとさせています。

ですから、この慰労会でも、それぞれにオシャレをして、食事やイベントを楽しめるのです。

 

収入と生きがい。

これがあれば、自分の脚で歩き、最後まで自分の事は自分でやっていけそうです。

 

そういう目標を持って歳を重ねることができるのは幸せです。

 

 

気力、または気概、これ次第!

 

 

ある程度の年令になると、転倒、軽度の脳梗塞が体に大きな影響を与えます。

こういう事で、一気に気力を失う人が多いのです。

そこから食欲が無くなり、体力が失われる。

そうなると、回復が難しくなります。

 

仕事を持っていれば、回復を目指して、頑張ることができます。

これが大きいですね!

 

人はそういう意欲で生きていけるのです。

 

具体的にそういう目標があるのと、無いのとでは、明らか違います。

 

 

「誰かの役に立っている」と思うこと!

 

 

これまでの仕事は事務とか営業とかで。

これは言ってみれば誰でもできる、誰でも入れ替え可能なこと。

もちろん生活支援ヘルパーというのも、誰かと変更可能は仕事ではあります、

 

でも、1対1での関係になりますから、お互いに相手を知り、相手の望みを理解するようになります。

誰かの役に立っている、と実感できるようになります。

これが一番大事なこと。

 

特に

『高齢になったサービス利用者さん』にとっては、自分が役に立てるのだ

と思えることがこの仕事の喜びです。

 

 

それがあるから、この仕事を長く続けようと思えるのです。

この仕事に出会えてよかった!と思っています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

2019年5月からは『令和』・・・・!
老後資金2000万円って!?人生100年というのは2007年生まれの人の話なんですよ!!
書店にて・・・目立つ「老後」書籍!
加齢と劣化
116歳‼️日本最高齢・・・・・年齢と自意識との微妙な関係。
「健康寿命を延ばすには”運動”」!!自立した生活を保つことが第一!!
年金受給   好きなものから食べる派か最後に食べる派か?
70歳代を高齢者と言わない宣言!
介護保険をどのように利用する? 「要支援」の場合
老々介護で共倒れにならないためには「もっとドライに」!!
平成30年に米寿(88歳)を迎える日本人は70万人!?
「還暦」は「老い」の始まりか?
日本の最高齢は115歳!老年を美しく生きる為の10のヒント  2018まとめ
「親世代」の問題 80代90代の親たち・・・2018年の追記あり。
「自粛」解除で見えてくるもの。・・60代から「老化」への備えを!

Menu

HOME

TOP