拮抗筋ストレッチ~スゴワザQ~より

偶々見た「あさイチ」で、むくみ予防にもなる
拮抗筋ストレッチと、つまづき予防にもなる
ストレッチをやっていましたのでご紹介します。

 

拮抗筋ストレッチ

 

伸ばしたい筋肉に拮抗する筋肉を縮めることで、
さらに効果を上げるのが「拮抗筋ストレッチ」です。

 

ま、今から紹介するのは、本来「かけっこ」が速くなる
方法なんですけど。

 

第一に、足の回転を速くします。

そのためには、ふくらはぎの筋肉を柔らかくして
あげることで足上げがスムーズになります。

ふくらはぎの筋肉が柔らかくなると「むくみ予防」
にも効果があるそうです。

 

方法としては、
「アキレス腱伸ばし」のポーズ。

一番効果的なのは、壁に両手をついて、できるだけ
足を後ろに下げ、片足をず~と前に出して後ろ足を
伸ばします。

後ろ足のかかとはつけたまま。

足の甲とふくらはぎの角度が鋭角になるようにするのです。

これを左右行なって、一日3セット(?)する。

ふくらはぎの筋肉が柔らかくなると「むくみ」予防にも
なるそうです。

 

また、かけっこが速くなるには「歩幅」を広げることが
大事。

あのボルトの歩幅は3メートルですって!!

歩幅を広くするには、足の付け根の筋肉を柔らかく
します。

 

「カーリングのスタートの時のポーズ」がいいそうです。

 

片膝を立てて、反対の足を後ろに伸ばし、膝が床に
つくくらいにします。

その状態で、自分でお尻を押すようにして、腰を落とし
ます。

左右両方を一日3セット(?)

(すみません、回数はうろ覚えです)

このストレッチで脚がしっかり上がるようになると
中高年の「つまづき」予防になるそうです。

 

この間、何もない(と思われる)道でつまづいて、
転んだところでした。

 

このごろ「つまづき」が多くなった気がしています。

 

「むくみ」と「つまづき」

まさに「中高年」の悩みではないでしょうか。

 

肩こりにも拮抗筋ストレッチ

 

肩こりには、背中全体の筋肉を柔らかくするといいそうです。

 

「猫のポーズ」をします。

両手・両膝を床について、両手は肩幅に、膝は腰の下
にくるようにします。

足のつま先は上げます。

お腹の筋肉は背骨にくっつける感じでへこませて、
その状態のまませなかをまるめていきます。

このとき息は吐きます。

次に、せなかを反らせていきます。

このとき、息を吸います。

これを繰り返します。

このストレッチで、かなり肩こりが楽になるようです。

実際、筋肉が柔らかくなったことが数値でも示され
ていました。

お腹の筋肉を凹ますことで背中の筋肉がよく伸びる
のですね。

 

自分ではそれほど感じないのですが、肩の筋肉が
パンパンに固いとよく言われるので、このストレッチも
やっていきたいです。

四十肩にもいいそうです。

 

まとめ

 

「あさイチ」は以前はよく見ていたのですが、
最近は見る時間がなくて。

たまたま気になる「むくみ」と「つまづき」だった
のでメモメモ。

ゆっくり確認する時間が無かったので概略だけ。

でも、ストレッチは大事です。

毎日続けていきたいですね。

 

「おまけ」

今日のお題?

「先送りにして困ったこと」

イノッチ「夏休みの宿題。やりきったことがない。
でも、言い訳の話術は上達しました」
だそうです(笑)。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP