古舘伊知郎さん~あさイチプレミアムトーク~

テレビばかり見ているわけではないのですが・・・・。

 

今日のゲストは古舘伊知郎さんでした。

 

あまり好きな方でもなく、さてどうしようか、と思いながら
つい見てしまいました。

 

お父様の話が一番印象的でした。

 

1994年に紅白の司会もなさっていらっしゃったのですね。

「報道ステーション」は12年間していらしたそうで。

 

新聞6紙を読み、寄せられたご意見も全部読み、その上
で本番だったそうです。

 

最初の3年間は「こんばんは」の挨拶ができなくて、
いきなりの実況的な言葉から始めていたそうです。

 

今後は「報道まわり」の仕事ができたらいい、とおっしゃっ
ていました。

 

NHKでも、一本収録しているそうでレギュラー番組になった
らいいなともおっしゃっていましたね。

 

有働アナがかなり意識していたのが面白かったです。

 

お話のなかで、家族で一番無口だった、、というのがあっ
て、お母様とお姉様はよく話をするのだけれど、お父様は
あまり口数は多くなくて、その代わり四文字熟語をよく
使われた、と。

 

お姉様はがんで42歳で亡くなられたそうですが、お父様は
毎日病院に行って、末期の痛みに苦しむお姉さまの腰を揉
んだりしながら、
「おまえは死ぬ。でもそれは怖いことではない」
ということを話し続けていたそうです。

 

少しでも気持ちが楽になるように、でも一時の慰めや気休め
ではなく、死について語る。

こういう領域に入りたいと古舘さんは言っています。

 

母を送る時も、親友を見送るときも、
「元気になったら~」といった慰めしか言えなかった。

 

相手がどう思うだろうかと考えて無難なことしか言えなかっ
たそうです。怖いから。

 

これは自我の働きであって、もっと「利他」を考えたいのに
なかなかそうできない、と。

 

仕事のしゃべりでは、常に話している自分を俯瞰して
いるもう一人の自分がいる、とおっしゃっています。

まあ、そうでなければいけないのでしょうが。

 

古舘さんの流れるようなトークは苦手なので、
(なんだか言葉のチョイスが意外性はあるけれども
大雑把というのか、時間との勝負、という感じが苦手です)
今後も同じような語りでは、あまり見ないかも。

 

ただ、お父様の話のような、心の不安を取り除くような
話ができたらいいなあとは思います。

 

どんな言葉で、何を話すのか、
どんな言葉なら相手にちゃんと通じるのか、
伝えるというのは難しいことですね。

 

映画紹介
「ジャングルブック」と「
ルドルフとイッパイアッテナ」

 

この2本の映画は、どちらも見たいと思っていたので、
ここで紹介されて嬉しかったです。

 

「ジャングルブック」は読んだのは子どもの頃でその後
読み返した記憶がありません。

 

見てから読もうかな、と思っています。

 

「ルドルフ~」は日本映画ですね。

これも是非見たいと思っています。

 

まとめ

 

実は古舘さんより映画が楽しみになりました。

 

今回の「あさイチ」としては古舘さんにフォーカスしすぎ
て、番組としてはつまらなかったと感じました。

 

司会者として、時代を作った方なのかもしれませんが、
好きでない自分としては、あまり興味が持てませんでしたね。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP