年金を考える、といってももう60歳超えてますが・・・。

「あさイチ」で確定拠出年金の話題が出ていました。

年金額を少しでも増やすために、「確定拠出年金」がおすすめだそうです。

 

確定拠出年金とは

 

自分で運用する年金ですね。

60歳までは解約できません。

その代わり、税金面での優遇がある、と。

運用方法としては、「投資」「定期預金」「保険」から
選ぶことができます。

 

「投資」はもちろんリスクがあります。
が、うまくいけば増えるかもしれません。

「定期預金」は、元本保証ですが、あまり増えない。

「保険」は保険会社の商品ですから、商品によって
違うでしょう。

しっかり勉強しておかないと、どうなるかわかりません。

 

ただ、いずれも60歳までの話ですから、「あさイチ」で
柳澤さんが言っていたように、60歳を過ぎた人には
あまり関係ない話です。

 

試算によると65歳までに3000万円の貯金が必要

 

ということらしいです。

退職金があれば、なんとかなるでしょうか。

住宅ローンの返済などがなければ、ですが。

しかもこの試算は、年金を受け取っての「足らない」分
を計算しているそうです。

 

1ヶ月の生活資金を「27万円」としての計算です。

これが多いのか少ないのかは人によって違うでしょう。

持ち家で家賃の必要がなく、健康であれば、充分だと
思います。

 

老後破産とか「下流老人」となる人は、リタイア後の生活
がうまく縮小できない人だと言われています。

いつまでも現役のときのままの生活レベルを続けてしまう
と、あっという間に困窮してしまいます。

 

見栄を捨てて割り切ることが大事、ということですね。

 

我が家は自営業なので、「退職金」がありません。

 

定年がない、というメリット?はありますが、いつまでも
仕事ができるわけではないので、やはり老後は不安です。

 

いまのところは仕事を続けていますが、いつまでできる
でしょうか?

 

生活しながら貯蓄するといっても、なかなか厳しいもの
があります。

 

まあ、60代はしっかり働くしかあるまい、と思っています。

 

今できること

 

をしてゆくだけ。

これは、いつもそう思いますね。

先のことを考えて不安になっていても仕方がない。

いまできることをやっていくしかないのですから。

 

なんだかんだ言っても、健康で、仕事があれば、
やっていけるでしょう。

 

あとはできるだけシンプルに、身の回りを整理して
おきたい。

 

これがなかなか難しいので、徐々に徐々に。

 

慌てず騒がず、マイペースでやっていきたいものです。

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP