夏の自由研究「泡」~あさイチより

夏休みに入って、こどもたちは「宿題」がたくさんある
のでしょうね。

特に「自由研究」はテーマを決めるまでが大変。

・・・・もう子どもも大きくて、そんな時期は終わって
しまったなあと思いながら「あさイチ」を見ていました。

 

「泡」で油汚れを落とす方法

 

メレンゲを使ったアイスクリームとかあったのですが、
「おや?」と思ったのは、台所の油汚れが落とせて
環境にも優しい「泡」。

 

なんと「枝豆」のゆで汁だそうです。

枝豆を茹でたあとの汁をふきんに浸して絞って
たとえば換気扇の油汚れを拭くと・・・・・・、

きれいになっていました!!

 

これのどこが「泡」なのかというと、
ゆで汁をペットボトルに入れてみると、泡がたつのです。

 

これは「界面活性剤」なんですって!

 

環境に優しい「枝豆のゆで汁なのです。

 

このほかにも、「じゃがいも

これも茹でた汁をペットボトルにいれて振るとると泡が
出ます。

「界面活性剤」なのですね。

 

じゃがいもの場合、むいた皮を使います。

じゃがいものデンプンと界面活性剤の効果で、
汚れが落ちるそうです。

 

皮の内側で茶渋の付いた湯呑をこすります。

そうすると、茶渋が綺麗に取れました。

 

このごろ洗剤はできるだけ使わないようにして
いるので、「枝豆のゆで汁」や「じゃがいも」は嬉しい
ですね。

 

シャボン玉の実験

 

こうした科学実験といえば「米村でんじろう」先生。

懐かしいお名前です。

 

その、でんじろう先生の弟子の「チャーリー西村」
さんが登場です。

 

大きいシャボン玉に近づいて「ふっ」と吹くと、シャボン玉
の中に小さいシャボン玉ができるんです。

 

このシャボン玉を作るための石けん液の作り方。

 

PVA(せんたくのり)250mlと、水500mlを、混ぜます。

そこに食器用洗剤を少しづつ混ぜていきます。

だいたい上記の水プラスPVAの合計の二十分の一
を目安にしますが、今回は40ml。

出来上がった石けん液でシャボン玉を作る「フレーム」

これはどうするの?
という話なのですが。

アルミホイルで作れるそうです。

 

アルミホイルをギュッと丸める?というか針金状に
します。

それでフレームが作れるのです。

好きな大きさのフレームがつくれますね。

 

シャボン玉は、心をくすぐられます。

不思議ですが、童心に還るのでしょうか。

ちょっと作ってみたくなりました。

 

 

 




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP