「スーパーフード・ケール」~あさイチより~

「ケール」をご存知ですか?

なんとなく「苦い」イメージがあって敬遠していましたが、
まさに「スーパー」な野菜!

これはいい!と思いました。

しかも簡単なレシピまで勉強できました。

「あさイチ」毎日は見られないのですがこんな知識が
得られるのはとっても嬉しいです。

 

 

 

「ケール」が「スーパー」な訳

 

食物繊維がキャベツの3倍。

ベータカロチンがトマトの5倍。

なんとカルシウムが牛乳の2倍。

 

これだけでも驚きですが、
「肥満防止」効果まであるそうです。

 

体内の余分な脂肪を排出してくれるんですって。

生でもいいですし、炒める、煮るなど火に通しても問題なし。

ただし、100℃の高温で焼くのはNG。

ちょうど今(11月)が旬だそうです。

特に「軸」の部分に甘味があるので、「軸」を活用すると
おいしくいただけるそうです。

 

 

「ケールのうまみ鍋」のレシピ

 

テレビでは「あさイチ」の3シェフはおなじみですね。

和食と中華とイタリアン。

今回は中華では「ケール入り餃子」

イタリアンでは「ケール入りリゾット」が

紹介されました。

 

どちらも美味しそうでしたが、作ってみようと思ったのが
和食の「うまみ鍋」です。

第一簡単。

ここはポイントです。

 

ケールの軸で旨みを出すので、だしはこれだけ。

 

作り方

 

① ケールを切ります。

まず軸を外して、葉は大きめに切ります。
だいたい半分を4等分くらいに。

軸はだしがよく出るように、斜めに切ります(ささうち)

 

② 鍋に水を入れて、(具材が浸る程度の量)

切った軸、長ネギ(これもささうち・斜め切り)、しめじ、
わかめ、豚バラ肉、うすあげ、しょうが(皮付きスライス)
を入れて、沸騰するまで中火で3分煮ます。

 

③ ここで
しょうゆ、酒、みりんを同量加えます。
テレビでは20mlずつでした。

 

④ 全体にフタをするように、切った葉をのせていきます。
3分ほど煮て、葉がしんなりしたら出来上がり。

 

「軸」からおだしが出て美味しそうです。

ケールは豚肉と相性がいいらしいので、ケールの豚肉巻
や、豚肉とケールの味噌汁(ミソスープらしい)も紹介され
ていました。

 

まとめ

 

これからは鍋物が美味しい季節ですが、「鍋」というと
だいたい種類が決まってしまいます。

 

「ケール鍋」のような新しいものがあると、鍋のレパートリ
ーが広がって嬉しいです。

 

しかも、たくさん食べても安心。

「軸」の出す旨みにも興味津々です。

 

さっそく今夜作ってみようかと思っています。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP