「肉」の美味しい焼き方~あさイチより~

11月29日は「いいにく」の日だそうです。

そこで「あさイチ」では手頃な肉を美味しく食べる
方法が紹介されていました。

ステーキの焼き方、ローストビーフの作り方、薄切り肉の
おいしい食べ方です。

それぞれについて、ポイントだけシェアしたいと思います。

 

ステーキの焼き方

 

まず「スジ切り」です。

これは「裁縫バサミ」で切ります。
あの「小さい」ハサミです。

肉とアブラ身の境界にあるスジを深さ5ミリほどに切って
いきます。表と裏と両方から。

そのあと塩コショウします。

 

焼くときにはバターを使います。

ただし、レンジで1分加熱して上澄みだけを使います。

下に残った部分はクリームシチューやカルボナーラに
使うとまろやかになるそうです。

 

焼き方は片面だけをしっかりと。

肉は焼く直前まで冷蔵庫に入れておきます。

フライパンに置いたら約1分以上は放置。

裏返したら火を止めて余熱で2分。

これで、ジューシーにできあがるそうです。

(厚さ1,5センチくらいのお手頃肉の場合です)

 

 

ローストビーフの失敗しない作り方

 

これはオーブンで焼くのではなく茹でるといいそうです。

 

まず、肉にたっぷり塩こしょうします。

味がしみこようにフォークでまんべんなく刺します。

 

そのまま常温で30分置きます。

 

フライパンで強火で焼き目をつけます。

ひとつの面を1分ほど焼いていきます。

焼いたら余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。

 

 

ここで肉屋さんで貰う牛脂があったら、薄く切って
肉につけて、ラップで包んで、ジッパー付きの保存
袋に入れ空気を抜きます。

 

鍋に湯をわかし、火をとめて湯の温度を55~60度にします。

 

ここに袋をいれて1時間置きます。

途中温度を測りながら、55~60度を保ちます。

下がったときは加熱して温度を保つようにします。

 

これで失敗しないローストビーフの完成です。

 

肉を焼いたフライパンに袋に残った肉汁を入れて
しょうゆ、バター(オリーブオイル)を加えてソースを
作りましょう。

 

 

薄切り肉を美味しくする方法

 

主婦が一番よく使うのが「薄切り肉」です。

これをおいしくするには、「昆布だし」だそうです。

顆粒の昆布だしを肉にかけます。

これだけで旨みが出るそうですよ。

 

たとえば「蒸し豚」

お鍋(フライパン)に野菜を敷き、上に豚薄切り肉を乗せます。

 

肉に「昆布だし」をかけて、スプーン2~3杯ほどの水を
加えて軽く蒸します。

 

まとめ

 

肉がうまく焼けないと、悔しいですね。

ちょっとしたコツで美味しくなるのですから、
試してみてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP