ふくらはぎマッサージの効果

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われます。

人間の血液は重力のために下半身に集まります。

これを重力に逆らって心臓に戻す「ポンプ」の
働きをするのがふくらはぎ。

この働きが弱くなると、血流が滞って血栓が
できやすくなってしまいます。

ふくらはぎの「ポンプ」としての役割を果たすために
は筋肉を付けることが大事です。

しかし筋肉はすぐにはつきません。

簡単なマッサージで血流をよくして、冷えや
疲れの改善が可能になります。

さらには、血流の改善で身体が温まれば、免疫力
もアップします。

体温が上がると免疫力が高まるのですね。

 

 

 

ふくらはぎマッサージの方法

 

足がだるい、疲れが取れない。

そういうときは、両手の親指でふくらはぎを
ゆっくり押しながら、かかとから膝の裏側まで
下から上へと揉んでみます。

 

ふくらははぎの奥のほうで、筋肉が固くなって
凝っているところがあると思います。

その固くなっているところをほぐしていきます。

 

押したり揉んだりして固まりをほぐしていく
つもりで。

「痛気持ちいい」くらいの強さで押したり揉んだり
してみましょう。

あまり強く揉みすぎないように注意します。

 

ふくらはぎの内側は、
冷え性、便秘、生理不順、更年期障害、排尿困難、
などの時に、マッサージすると効果があるそうです。

 

ふくらはぎの中央は、
動悸、不眠、イライラ、息切れ、頭痛、腰痛、坐骨神経痛
むくみ等の改善に。

 

ふくらはぎの外側は、
頭痛、首痛、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴りなどのときに。

 

たとえば腰痛があれば、ふくらはぎの中央と外側を
よく揉みほぐします。

 

私はお風呂でマッサージをしています。

以前にあった「下肢静脈瘤」

足の静脈が凸凹する、血管がアザのように青くなったり
赤くなったりする、というのは、コロコロマッサージで改善
されました。

 

プラス、手でマッサージすることで、筋肉のしこり
をほぐし、血流がよくなるので、足がポカポカして
きます。

ただし、この時は「腹式呼吸」をします。

息を口から吐いてお腹をひっこめます。

吐ききったら、鼻から息をすってお腹をふくらませます。

 

この腹式呼吸は、これだけでダイエットに成功した
人もいるくらいなので、ふくらはぎをマッサージする
ときにはぜひ意識したいですね。

 

 

エコノミークラス症候群対策

 

 

足がむくみ易い人は血栓ができやすいそうです。

血栓は脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。

座っている時間が長い人は、

一時間に一回は立ち上がるようにします。

このとき「つま先立ち」をすると筋肉が活性化します。

 

また水分をしっかり摂るようにしましょう。

冷たい水は身体を冷やしますから、常温、もしくは
ぬるま湯を常備して、こまめに水分補給をします。

 

まとめ

 

血流がよくなれば、栄養が体内の隅々に運ばれます。

老廃物は排出され、冷えの改善、肌荒れの改善にも
なります。

ふくらはぎのマッサージは、アンチエイジングに
大きな効果があるのです。

さらに
「肩こり」などさまざまな「凝り」の解消にもふくらはぎ
マッサージは効くのです。

 

ふくらはぎをマッサージする気持ち良さ。

 

これを覚えると、習慣にするのは簡単ですね。

ふくらはぎを元気にして、健康な体を作りましょう!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP