水出しの緑茶がいいらしい!

緑茶がいいと言われますが、緑茶といえば熱いお茶
のイメージがあります。

 

ところが、水出し緑茶が美味しいのです。
ペットボトルでいろいろ出ていますね。

そもそも熱い緑茶と水出し緑茶はどこが違うの
でしょうか?

 

抽出される成分が違う

 

熱い緑茶には、お馴染みのカテキン、カフェインが
含まれています。

ポリフェノールのカテキンには、血圧、体脂肪、
中性脂肪を調整して、生活習慣病を改善する効果
があります。

カフェインは、血管を健康にし、呼吸器機能を
改善してくれるそうです。

 

水出しの場合、カテキンやカフェインの量が減って、
「エピガロカテキン」が抽出されるそうで、これが免疫
細胞を活性化し、免疫力を高めるとか。

 

また、水出し場合、熱に弱いビタミンCが抽出されて、
肌の老化に効果的なのだそうです。

ビタミンCがたっぷり摂れるのは嬉しいですね。

 

カテキンが少なくなるのでお茶特有の「苦味」が
減って旨みが増しますし、カフェインも少ないので、
寝る前でも飲めます。

 

特に夏の暑いときには最適ですね。

 

今まで夏でも熱いお茶を敢えて飲んでいましたが、
これからは「水出し」にしましょう。

 

「免疫力」も魅力的ではありますが、なんといっても
美容にも、アンチエイジングにも、美白にも良い
「ビタミンC」が豊富とあっては、断然「水出し」ですね!

 

 

水出し緑茶の作り方

 

茶葉を使っても、ティーバッグでも作れます。

ポットなどに、10gほどのお茶に1リットルの水を入れて
冷蔵庫で3時間以上冷やせばできあがり。

 

水を「氷水」に変えれば、さらに「エピガロカテキン」が
多く抽出されるそうなので、氷も使ってみたいですね。

 

冷たい緑茶にぴったりなオシャレな容器もいろいろ
あります。

 

グラスや急須、ポットなどを楽しむこともできます。

生活に楽しみが増えるのは大歓迎です。

 

 

まとめ

 

昔からおなじみの緑茶ですが、

楽しみ方が広がってきました。

 

冷たいお茶の効能にもびっくりです。

 

でも、緑茶の美味しさはやっぱりあの独特の
「苦味」

 

熱い緑茶のおいしい淹れ方も一緒に覚えておくと
いいですね。

 

玄米茶やほうじ茶も同じですが、お湯が沸騰したら
火を止めてしばらく置き、湯呑に入れます。

 

1分弱位してから、茶葉の入った急須にお湯を移します。

茶葉が開くまで、30秒待って、湯呑に注ぎます。

 

まず、湯呑に移すことでお湯がやや冷めて、湯呑も
暖まります。

 

お湯の温度、茶葉の量、抽出時間はお茶によって
違いますから、良く説明書などを読んでおきましょう。

 

一手間かけるだけで、美味しさが違います。

 

こういうところで、生活が豊かになる気がしませんか?

 

熱いお茶で一服。

幸せな時間です。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP