疲れとむくみが気になる(フレーバーウォーターの作り方)

最近やはり「疲れた」と言うのが多くなったと思います。

足のむくみも気になっています。

「疲れ」の解消には何が一番いいのでしょうか?

 

「疲れ」の解消に必要なものは

 

 

 

 

今、「日経Gooday」電子版を購読しているのですが、そこに「疲れ解消」について書かれていました。

必要なのは

① バランスの良い食事

② ビタミンC等の「抗酸化成分」

③ 睡眠と休養

④ 一時間作業したら5分の休養

⑤ ポジティブシンキング

⑥ 笑う・泣く・・感情を表に出すと免疫力が上がるそうです。

⑦ ウォーキングなどの有酸素運動

だそうです。

 

なるほど、自分としては、「ビタミンC」に注目。

抗酸化成分」に目がいきました。

「抗酸化」といえば老化に対抗する大事な成分でもありますから。

 

ビタミンC以外では、コエンザイムQ10、アミノ酸、フルスルチアミン(アリナミンの成分)αリボ酸、クエン酸など。

最近ビタミンC不足かも、と思ったのでした。

あとは、こまめな休養と、ポジティブシンキング。

意識してそうしていなかったなあ、と反省。

しばらく上記の点を意識してみましょう。

 

さらに「むくみ」についてですが、

「あさイチ」で「フレーバーウォーター」の作り方が紹介されていました。

 

 

フレーバーウォーターの作り方

 

今や「マイボトル」はみんなの必需品。

美容のためにも毎日3Lの水を飲むといいそうです。

でも「水」だけでは飽きてしまうので
フレーバーウォーターがおすすめ。

アメリカでの夏の定番は
キューカンバウォーター』だそうです。

つまり「きゅうり」ですね。

 

レモンの輪切り4枚と、短冊に切ったきゅうり半分を1Lの水にいれて1時間置けばできあがり。

きゅうりに含まれるカリウムとビタミンCがむくみの解消に効果的fだそうです。

その他、好みのフルーツを入れて見た目も楽しいフレーバーウォーターを作ってみましょう、と。

さまざまなフレーバーウォーター用の容器も販売されているようです。

ただ夏場は、温度が上がるので、早めに飲んでしまいたいかな、と思いましたね。

 

 

「冷え」対策には「ショウガ白湯」を飲む

 

もうひとつ、夏は、空調が効きすぎて寒い場所も多いですね。

そんな場所での「冷え」対策には「ショウガ」が効果的。

 

スライスしたショウガを約20分茹でて作ってもよいのですが、水筒(保温タイプのもの)にショウガと熱湯を入れるだけでも作れるそうです。

 

このときショウガの皮は剥かないこと。
大事な成分が無くなってしまうので、剥いてはいけません。

 

ショウガは疲労回復にもいいそうですから、利用したいですね。




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

コレステロール・中性脂肪を改善する食事 2
冷やし「梅がゆ」が最高!!
水出しの緑茶がいいらしい!
肉・卵・チーズを食べる「MEC食」
「まごわやさしい」知ってましたか?
コレステロール・中性脂肪を改善する食事
記憶力・集中力の減退には「ブドウ糖」
アスパラガスがすごいらしい!(あさイチ情報)
”ビタミンDは「長寿ホルモン」”を読みました。
「コラーゲン」を食べる!?いろいろ比べてみました!
脂質異常症と食事 11の栄養成分
大根の葉の栄養とおいしい食べ方
白身魚と赤身魚の違い タンパク質を考える
アミノ酸スコアと必須アミノ酸
「生姜シロップ」購入しました。

Menu

HOME

TOP