冷やし「梅がゆ」が最高!!

このところ夏バテというのでしょうか、

サプリメントとか、お茶とか、は摂っていても、やはり食欲が湧きません。

 

「冷汁」というものがあるらしい、と検索してみるのですが、冷たいお味噌汁ふうのもの?

 

作り方もいろいろらしく、良くわからないのでした。

 

 

 

 

「梅がゆ」が美味しかった!

 

といっても、ただのレトルト「梅がゆ」です。

スーパーで買ってきたものが冷蔵庫にあって、これは温めるモノやな~と見ていたら、

「このままでも召し上がれます」と書かれているではありませんか!

 

すぐに「そのまま」でいただきました。

 

冷蔵庫で冷えていたので、大変美味しくいただけました。

 

これはいいですね。

 

おかゆは家でも作れますが、出来立て熱々は夏場はあまり欲しくありません。

 

かと言って、このまま冷やしても固まってしまうだけ。

 

その点、レトルトなら簡単・手軽。しかも美味しい、といいことばかり。

 

さらに、ビタミン、ミネラルなども補いつつ、夏バテを解消しましょう。

 

 

ビタミンB1、B2

 

 

ビタミンB1,B2といえば、

鉄板の豚肉。レバー。

 

さらに夏は「うなぎ」。

 

ビタミンCなら、

もちろん野菜に果物。

 

ブロッコリーやカリフラワーの

サラダもいいですね。

 

 

水分補給は一日2リットル

 

 

水だけでなくスポーツドリンクで、ミネラル補給も。

お茶やトマトジュースもいいですね。

できればお味噌汁。

一日に1杯はほしいところです。

 

 

そもそも「夏バテ」とは?

 

疲れ・だるさ。

食欲不振。

 

が主な「症状」と言えば証情です。

 

しかしそれだけでなく「熱中症」にも注意です。

 

めまい、立ちくらみ、

吐き気、こむら返りなどの筋肉痛。

さらに体温が上がってしまうこともあります。

 

そういうときは身体を冷やします。

 

濡らしたタオルを、首、脇の下、鼠径部等において体温を下げましょう。

 

熱中症は高齢者ばかりでなく、誰でも危険な状態になりやすいので、注意が必要です。

 

 




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ルイボスティーの効用
肉・卵・チーズを食べる「MEC食」
コレステロール・中性脂肪を改善する食事 2
60歳からのサプリメント
大根の葉の栄養とおいしい食べ方
アミノ酸スコアと必須アミノ酸
疲れとむくみが気になる(フレーバーウォーターの作り方)
”ビタミンDは「長寿ホルモン」”を読みました。
「生姜シロップ」購入しました。
「コラーゲン」を食べる!?いろいろ比べてみました!
カルシウムにはビタミンD、コラーゲンにはビタミンC
一日一食は「理にかなっている」か?
記憶力・集中力の減退には「ブドウ糖」
アスパラガスがすごいらしい!(あさイチ情報)
白身魚と赤身魚の違い タンパク質を考える

Menu

HOME

TOP