大根の葉の栄養とおいしい食べ方

 

大根の葉は切り落とされて売られていることが多いですが、「産直」コーナーや、八百屋さんなら「葉付き大根」が手に入ります。

そんなときは、葉をしっかり活用しましょう。

 

 

 

 

 

大根の葉の栄養

 

 

大根の葉には、

ビタミンA、C、鉄分が含まれています。

特に、ビタミンAのβカロテンには抗酸化作用があって、ガンや動脈硬化、老化の原因になる活性酸素を除去してくれるのです。

アンチエイジングにも最適なのですね。

さらに鉄分、カルシウム、リンなどのミネラルも大根の白い部分よりも豊富に含まれていますし、食物繊維も豊富なのです。

 

大根を買うときは、できれば「葉付き」で買って、葉の栄養分も利用したいものです。

 

 

大根の葉のレシピ

 

 

一番よく使われるのはチャーハンではないでしょうか。

油で調理することでβカロテンの吸収がよくなります。

何より手軽に作れていいですね。

お味噌汁に入れてもいいです。

 

また漬物にしても美味しいです。

大根の葉を細かく切って塩を降り、一時間ほどジップロックの袋に入れておくだけ。

漬物は塩昆布を入れたり。お好みでアレンジするといろいろ楽しめますね。

 

大根の葉とじゃこを炒めて醤油をかけて、ご飯にふりかけても美味しくいただけます。

 

我が家では、大根の葉と薄あげを使った煮びたしもよく作ります。

 

大根の葉はさっと茹でて切ります。

薄あげは油抜きしておきます。

大根の葉を炒めて、細切りにした薄あげを加え、だしを入れていため煮にします。

大根の葉のほのかな苦味がマッチしておいしいです。

 

 

まとめ

 

 

大根といえば、やはり「おでん」

味がしみこんだ大根は最高ですね。

「ブリ大根」も美味しいです。

さらには「大根おろし」

 

いろいろな場面で使えます。

 

プラス「大根の葉」

これも使わないともったいないです。

わざわざ買いに行く、というよりも、買うなら「葉付き」で、という感覚で利用してみましょう。

 

このごろは自然食品のお店や、産地直送のお店がたくさんあります。

 

生産者の方の紹介付きの野菜も多いですね。

体にいいもの、安心して食べられるものをチョイスして、食生活を改善していきたいですね。

 

 




 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

一日一食は「理にかなっている」か?
記憶力・集中力の減退には「ブドウ糖」
「マヌカハニー」といえば・・・・「堂本光一」さん?
カルシウムにはビタミンD、コラーゲンにはビタミンC
脂質異常症と食事 11の栄養成分
肉・卵・チーズを食べる「MEC食」
冷やし「梅がゆ」が最高!!
「まごわやさしい」知ってましたか?
「コラーゲン」を食べる!?いろいろ比べてみました!
水出しの緑茶がいいらしい!
コレステロール・中性脂肪を改善する食事
アスパラガスがすごいらしい!(あさイチ情報)
ルイボスティーの効用
コレステロール・中性脂肪を改善する食事 2
アミノ酸スコアと必須アミノ酸

Menu

HOME

TOP