脂質異常症と食事 11の栄養成分

「脂質異常症」は生活習慣病の中では比較的に知名度が低いといわれていますが、侮ってはいけない
状態です。

 

脂質異常が動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞の原因となるのです。

 

いわゆる生活習慣病は、高血圧、糖尿病、脂質異常、肥満です。

が、全ては生活習慣に結びついており、ここを改善することが一番大事です。

 

特に「食生活の改善」が一番のポイントになります。

 

 

 

 

 

11の栄養成分に注目

 

①カリウム

(バナナ、メロン、アボカド、ほうれん草、豆類等に含まれる)

 

体内の余分な塩分を排出してくれます。
したがって特に高血圧に効果的といわれます。

 

②ポリフェノール

身体の酸化の要因「活性酸素」を抑えてくれる。

 

③ルチン

蕎麦に含まれる。

毛細血管の強化・補修

 

EPA

魚、特に「青魚」マイワシ、サバ、ブリなど。

血管年齢を若々しく、血流をスムーズにします。

 

 

ギャバ

 

ほとんどの食材に含まれています。
特に、発芽玄米。
また、トマト、ミカン、ブドウなど。

 

「抗ストレス作用」があります。

興奮を抑え、血圧を下げます。

 

水溶性食物繊維

こんにゃく、海藻、きのこ、かんぴょうなど。

「水溶性」の場合、糖の吸収スピードを弱めるそうです。さらに脂肪の吸収を抑え、腸内の善玉菌を
増やす作用もあるそうです。

 

亜鉛

生牡蠣、牛乳、ココアなど。

インスリンの生成を活発にします。
200以上の酵素の必須成分です。

 

ビタミンB1

豚肉に含まれています。

ビタミンB1は不足すると脚気になる、と言われていましたね。

ブドウ糖からエネルギーを作り出す作用を助けています。

ただし摂りすぎないようにしましょう。

 

植物性タンパク質

大豆に豊富です。

血中に取り込まれるコレステロールを減らすことができます。

 

ビタミンC・E

 

この二つは相互作用がありますから、同時に摂るようにしましょう。

ビタミンCは野菜や果物に。

ビタミンEはナッツ類や緑茶・煎茶などに含まれています。

ビタミンEは抗酸化作用が強く、ビタミンCはコラーゲンの生成を助けます。

「コラーゲン」は美容成分というイメージが強いですが血管の強度や柔軟性を保つために必要不可欠なのです。

 

カプサイシン

 

唐辛子の辛さの主成分がカプサイシンです。

エネルギー消費を促してくれるので、ダイエットにも利用されますね。

 

 

まとめ

 

「脂質異常症」といっても、3つのタイプがあります。

LDLコレステロール値が高い。

HDLコレステロール値が低い。

中性脂肪が多い。

 

この3つは相互関係がありますから、LDLと中性脂肪を押さえればHDLが増えるのです。

 

LDLと中性脂肪をコントロールするためには、飽和脂肪酸の摂取を控えることが大切です。

 

つまり、肉や乳製品、甘いものを控えて、魚や大豆製品海藻類を摂るようにします。

 

毎日の食事が身体を作るのです。

健康に生きるためには、まず食事の見直しからですね。

 

 

参考文献「食べ物の力で生活習慣病は克服できる」
中島祥介著

 




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

記憶力・集中力の減退には「ブドウ糖」
アスパラガスがすごいらしい!(あさイチ情報)
カルシウムにはビタミンD、コラーゲンにはビタミンC
「まごわやさしい」知ってましたか?
一日一食は「理にかなっている」か?
ミドリムシの効果って?
60歳からのサプリメント・・・三年が過ぎて思うこと
アミノ酸スコアと必須アミノ酸
「生姜シロップ」購入しました。
疲れとむくみが気になる(フレーバーウォーターの作り方)
水出しの緑茶がいいらしい!
ルイボスティーの効用
コレステロール・中性脂肪を改善する食事 2
”ビタミンDは「長寿ホルモン」”を読みました。
大根の葉の栄養とおいしい食べ方

Menu

HOME

TOP