アンチエイジングの肝は「紫外線」と「活性酸素」

アンチエイジングといっても、なかなか一筋縄でいきません。

人によって言うことが違うからです。

そもそも「化粧品」には効果があるのか?

食べ物は?

サプリメントは?

少なくとも、「紫外線」と「活性酸素」がアカン奴だ、とは言えるようです。

 

 

 

 

紫外線による老化

 

 

見た目の老化と、内臓や血管の老化はイコールだそうです。

つまり、肌を見れば身体の細胞の老化は予想できるのですね。

 

肌は表皮と真皮から成っていて、表皮の表面を死んだ皮膚細胞である角質が覆っています。

表皮細胞が生まれて、角質となって剥がれ落ちるまでのサイクルがだいたい28日なのです。

 

その奥の真皮には、肌のハリと弾力を保ち、表皮と皮下組織を支える役割があります。

 

この真皮細胞は、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンでできていて、コラーゲンは真皮を支える柱、エラスチンは柱のコラーゲンを支えにして弾力を与え、ヒアルロン酸は水分を保持して潤いを与えています。

 

真皮が表皮を支える力が弱まると「シワ」ができ、皮下組織を支える力が弱まると「たるみ」ができます。

真皮細胞は、元気であれば、コラーゲンなどを再生できるのですが、次第に再生能力が落ちて肌が老化してしまうのです。

 

 

肌の老化の一番の原因が「紫外線」です。

紫外線の特にUVAが、表皮ばかりでなく真皮にもダメージを与えます。

いわゆる「光老化」ですね。

これで肌の弾力が失われ、シワ・たるみ、さらにはシミも作られるのです。

さらに、もっと問題なことに、紫外線は「活性酸素」も作り出すのです。

 

 

肌は紫外線と活性酸素の両方で攻撃されるわけです。

攻撃されるのは肌だけでなく、肌の中の血管とリンパ管もダメージを受けてしまいます。

そのために新陳代謝が進まず、老廃物が溜まります。

 

紫外線を長時間浴びると、皮膚がんになりやすくなるのは、血管・リンパ管のダメージによって免疫機能が低下するからなのです。

 

 

紫外線対策

 

 

恐ろしいですね、「光老化」

昔は小麦色の肌、とか言われて日焼けが推奨されていましたが、あれは何だったのでしょう?

 

とにかく、紫外線が強い時期は特に、しっかり衣類や帽子、サングラスで紫外線をカットしましょう。

 

紫外線をたくさん浴びてしまったら、

ここ大事です。

皮膚科に行くほどの重症でなければ、
βカロチン(ビタミンA)ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化物質を摂ることが有効だそうです。

 

βカロチンは体内でビタミンAに変わる抗酸化物質です。

ビタミンCは、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑え、肌のコラーゲンやエラスチンの生成を促します。

もちろん抗酸化力も強いです。

ビタミンEも抗酸化力がありますが、ビタミンCは水溶性、ビタミンEは脂溶性です。

 

効果的に作用する場所が違うのですね。

このような抗酸化物質は紫外線による日焼け対策だけでなく、「酸化」による老化の防止にも有効です。

 

 

活性酸素対策

 

 

酸素は生物が生きるために欠かせないものですが、酸素分子はとても不安定で、他の物質と酸素電子が結合しやすいのです。

この結合した状態を「酸化」といいます。

ただ、「酸化」だけならまだいいのですが、問題はもっと強力な「活性酸素」を作ってしまうことです。

活性酸素には、殺菌能力があって人の身体を守ってくれます。

 

が、過剰に作られると、正常な細胞も破壊してしまうのです。

 

活性酸素の発生の原因は「ストレス」と言われています。

また必要なエネルギー代謝の、いわば「廃棄物」としても、活性酸素は作られます。

ですから、活性酸素を無害化するものを摂ることを意識しましょう。

 

それは、すでに述べた抗酸化物質のほか、ワイン、お茶、ブルーベリーに含まれるカテキン、

お茶、赤ワイン、柿、バナナに含まれるタンニン、

大豆などのイソフラボン、

ゴマのセサミン、

などのポリフェノールを摂ることです。

 

 

まとめ

 

 

アンチエイジングとは何か?

あれこれ勉強するとだんだん分からなくなります。

 

少なくともこの「紫外線」と「活性酸素」が原因ということは言えそうですが、これは「待ったなし」の私も、やはり対策したほうがいいのか?

 

するべきことを探しているのですから、したほうがいいのだろうとは思うものの、手遅れ感も若干ありますね。

 

参考文献・「妻の化粧品はなぜ効果がないのか」
北条元治・著

 

 



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

見た目年齢はどこで判断?
アーモンドのアンチエイジング効果
アンチエイジング化粧品の探し方
肌の老化の8割は「光老化」で「加齢」によるものではない
98歳の「現役」!
化粧品とアンチエイジング
「サーチュイン遺伝子」の活性化と若返り?
「老けない」方法!?
ミネラルウォーターでアンチエイジング?
ビタミンCの効果を再確認!
老化防止について~「加齢」と「老化」の違い
アンチエイジングと基礎化粧品
コエンザイムQ10は有効か?
「高齢者」は何歳から?
アンチエイジングは「老いへの抵抗」ではなく生きる智恵です。

Menu

HOME

TOP