疲れ・ストレスと鼻炎の関係

疲れると「鼻」にきます。

鼻水がねっとりして黄色くなります。

ちょっと鼻が臭い感じになります。

 

これは蓄膿症ではないのですが、「鼻炎」?

 

 

鼻炎と蓄膿症

 

 

鼻炎というのは「鼻腔」の炎症であり、

蓄膿症というのは「副鼻腔」の炎症なのだそうです。

つまり、蓄膿症=副鼻腔炎、なのです。

 

 

だいたい両目の下、額の下が「副鼻腔」で、空洞なんで
すって。

 

症状としては、

鼻づまりが長期間続く
ドロっとした黄色い鼻水がでる
鼻が詰まって眠れない
頭がいたい
集中力がなくなる など。

こういった症状が副鼻腔に起こります。

 

鼻炎は鼻腔に炎症がおこり、症状にはそれほど
差がないようですね。

 

鼻炎つまり鼻腔炎と、副鼻腔炎が同時に発症すること
も、あるいは前後して発症することもあるようです。

 

私の場合は、以前に「鼻炎」と診断されました、

鼻づまりはあまりなくて、ねっとりした鼻水が主
でしたね。

 

以来、疲れたとき、やや体調が悪い時には、鼻の調子
がおかしくなります。

 

普通、一日で治るので、健康のバロメーター的に自分
では思っていて、そういうときには休養するように
しています。

 

 

ストレス・疲れが全ての原因

 

 

生活習慣病にしても、他の体の不調も、原因は
ストレスとよく言われます。

 

それだけ精神的なダメージが肉体に直結しているの
ですね。

 

そうは言っても、ストレスが無い生活というのは
なかなか想像できません。

 

また逆に、ノーストレスとなったら、なんと言うか

ぼんやりしてしまいそうで怖い。

 

これを「貧乏症」というのでしょうか?

 

「適度なストレス」は必要とも言われていますからね。

 

まあ、ぜいぜいできることは、たまには温泉とか、海の
見えるホテルに行って気分転換することでしょうか。

 

プラス「運動」

 

”健康な精神は健康な肉体に宿る”

というのは、確かに真実だと思います

 

となると、まずは健康な肉体作り、これですね‼

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP